2016年4月 8日

口腔がん検診システムセミナー申込み

口腔がん検診システムセミナー申込み

『口腔がん撲滅運動』冊子進呈

申込みフォーム

*は入力必須項目です。
※携帯メールでお申し込みをする場合は、PCメールからの受信拒否を解除してください。
※万一、5日以上経ってもご連絡が無い場合には 大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、一度ご連絡くださいますようお願いいたします。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

【6/19(日)】口腔がん検診システムセミナー + 『口腔がん撲滅運動』冊子 
*必須
御クリニック名 *必須例)デジタルワンクリニック(全角)
お名前(医師限定) *必須例)山田 太郎(全角)
所在地 *必須例)162-0812 *必須例)東京都 *必須例)​新宿区西五軒町6−10 例)​​神楽坂秋山ビル5F
電話番号 *必須例)0312341234(半角英数字)
メールアドレス *必須例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須※確認のため、コピーをせずにもう1度入力してください。
その他ご質問等
このサイトを何でお知りになりましたか? *必須
検索エンジン 
事務局からの情報 
知人からの情報・紹介 
その他 
その他 ※任意

健診導入検討のドクターへ

健診導入検討のドクターへ

口腔がん検診とは

日本では毎年3,000人を超える方が口腔がんによって命を落としています。

「ただの口内炎だと思っていた」
「痛みがないので放っておいた」

などの理由から発見が遅れた結果、手遅れになるケースが非常に多いのが現状です。
しかし、口腔がんは早期発見・治療ができれば命を落とすケースは少ないのです。

口腔がん検診では、患者さんのお口の中を隅々までチェックします。
そして、写真を使って作成した報告書を患者さんへお渡し、ご自身の目でお口の中を確認していただきます。
お口の中をすべてチェックすることにより、患者さま本人が自覚できない病変等を見つけることが可能です。

また、口腔がんは発見が遅れると患部を大幅に切除する必要があります。
残念ながら発見が遅れ、舌の半分を切除する方の場合、術後しばらく発音などに苦慮する場合が多くあります。
しかし、早期発見・治療できれば切除範囲はごくわずかのため、発音などに苦慮することは少ないのです。

口腔がんは慢性的な刺激が要因で発生する場合が多く、発症してしまう前にその要因を発見し取り除くことが重要です。

定期的に検査をし、わずかな変化を見逃さないことで、口腔がんの早期発見と治療を実現します。
ぜひ毎年の検診をお受けください。

口腔がん患者の来院経路

過去に 「開業医は口腔がんに出会うのは一生のうちで1~2回程度」 と仰る先生がいらっしゃいました。 がん患者の来院経路.jpg しかし、東京歯科大学での口腔がん治療患者の来院経路を調査したところ 約30%の患者さんが医師・歯科医師の紹介なしに来院されています。

では、この30%の患者さんは一度も歯科医院へ通っていないのでしょうか。
この30%の患者さんの内訳をみると、なんと80%の方が歯科医院での加療中に転医していることが分かりました。

そして、東京歯科大学での初診時におけるステージ分類では進行がんの患者さん(StageⅢ~StageⅣ)が63%と半数以上を占める割合となっています。つまり、3人に2人が手遅れに近い状態で来院されているのです。

この割合を減少させることができるのは、患者さんのホームドクターとして日々ご診療されている先生方ではないでしょうか。

口腔がんの早期発見のためにも、口腔がん検診実施が必要です。


『口腔がん・口腔内検診システム(ビジネスモデル特許出願中)』の概要

閉じる

2016年4月 7日

歯科クリニック導入検証プロジェクト

project 680.jpg

実際に口腔がん検診システムをクリニックへ導入するには沢山の問題がありました。
"口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)は本当にクリニックでの使用に適しているのか"
"患者さんからの需要は本当にあるのか"
"最適な検診スキームはどのような形なのか"

これらの課題を解決するため、患者層、新患数、自費率、医院のコンセプトに違いのある、
東京の渋谷区や港区をはじめ、北海道や新潟県、秋田県、香川県、静岡県など地方の先生方にご協力いただき、
約8ヶ月におよぶ検証プロジェクトを行ないました。
今や、ご協力いただいた先生方は、口腔がん検診を推奨する中心の医院様となっています。


検証プロジェクトの内容
all docter.jpg
大学の先生方を講師としてお招きし、定期的な勉強会を開催しました。

(左)東京歯科大学 口腔顎顔面外科学講座        主任教授 柴原孝彦先生  ご紹介はこちら
(中)東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科学講座 主任教授 野村武史先生  ご紹介はこちら
(右)日本歯科大学 歯科放射線科・口腔病理診断科    教授  柳下寿郎先生  ご紹介はこちら

all kyouju.jpg

all docter2.jpg
その内容は上記の先生方を講師として迎え、口腔がんについての基礎知識の習得や症例研究会、クリニックで実際に使用した際に浮き上がった問題点の共有や解決策のディスカッションなど多岐にわたります。


システム導入前の勉強会では、8ヶ月の検証プロジェクトを通して分かった
"先生方に学んでいただきたい内容"や"検診におけるポイント"などをお伝えいたします。


運営事務局より

"口腔がん検診および口腔健診サービスで日本の口腔がんを撲滅したい。"

これは事務局が本気で考えていることです。

先進国で口腔がんによる死亡者数が上昇しているのは日本だけです。
この現状をどうお考えになるでしょうか。

stady 300.jpg
「口腔がんに開業医が出会うのは一生で数回程度だから、そんなに勉強する必要はない」
プロジェクトを開始した当初、ある先生からそんな話しを耳にしました。

はたして本当にそうなのでしょうか。
口腔がん患者は、発症してから歯科医院に一度も通っていないのでしょうか。
ある大学のデータでは、口腔外科に来院した口腔がん患者の約30%は"紹介のない患者さん"とのことです。
そして、その30%のうち80%は"加療中に転院した患者さん"でした。

「うちのクリニックではそんなとこまで診ていられない」
そうおっしゃる先生もいらっしゃいました。

heart 300.jpg院長先生は"経営者"として医院やスタッフを守らなくてはならないのは事実です。
しかし、それ以前に"歯科医師"として患者さんのために最善を尽くし、1人の患者さんに真摯に向き合い、
患者さんの生活に問題があれば指摘し改善していく。
これが歯科医師の理想としてあるべき姿ではないでしょうか。

口腔がんで命を落とす方は年々増えていますが、早期発見・治療ができればかなりの確率で生存が可能です。
日々診療されている全国のクリニックの先生方による口腔がんの早期発見こそが、患者さんの命を救うことにつながります。


全国のクリニックがこのシステムを導入し、口腔がん検診が全国に広がることで口腔がんが減少し、ひいては日本の歯科業界が大きく変わると信じています。

2016年4月 5日

口腔がん検診システムセミナーのご案内

シンポジウム北日本編詳細・申込み

その他のセミナー日程

 日時場所内容
詳細はこちら2017年2月19日(日)
10:00~12:30
終了しました
東京
(京橋)
『なぜ、今、口腔がん検診か!?』
詳細はこちら2017年2月11日(土)
9:30~12:00
終了しました
東京
(秋葉原)
『あなたの診る知識が命を救う!』
※歯科スタッフ対象セミナー

過去に開催したセミナー
●2016年

2016年4月 1日

セミナー20170219

セミナー詳細:2017年2月19日

2月19日(日)10:00(場所:東京都中央区京橋)

口腔がん検診システムセミナー開催

口腔がん検診システムセミナー開催

開催趣旨

先進国の中で、唯一、日本だけが死亡数が伸び続けている口腔がん。

では、どのようにすれば早期発見が可能となるか?

それは、1つには、全国の歯科クリニック(約7万軒)にて、日常的に「口腔がん検診」を行うことにより早期発見の体制を構築することです。

また、2つ目は、それと同時に「最低年1回の口腔内健診の受診」により、口腔がんの原因となる口腔内の様々な問題要素を早めに発見し、治療することです。

実際に、口腔がんの死亡率(日本:46.1%)が、日本の半分以下(19.1%)である米国では、半年に1度の口腔がん検診・口腔内健診が定着していることでもよくわかります。(*注1)

本セミナーの趣旨は、その現状をご理解いただくこと、そして、その現状の中で、今、歯科医師が行うべきことは何かをご一緒に考える機会として開催いたします。

また、『口腔がん撲滅委員会』が臨床開発した「口腔内蛍光観察装置(VELscope®Vx)」と「初期がん時点や前がん状態」等の口腔内異常の早期段階診断を補助的に行うソフトウェアとリンクした画期的なシステムである、「口腔がん検診システム」もご紹介いたします。

尚、現在、本システムを「全国都道府県フラッグシップ200医院」と称して、47都道府県毎に医院数を限定してのご案内をしており、大変大きな反響を頂いています。

口腔がんの早期発見に貢献頂ける院長先生の積極的なご参加をお待ちしております。

*注1 日本のデータは、2013年国立がんセンター発表データ。
米国データは、同2013年cancer statisticsの発表データによる。

開催概要

日時2017年2月19日(日)10:00~12:30
定員20名
参加費用無料
会場アットビジネスセンター東京駅 206号室
〒104-0031東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル  地図はこちら
【アクセス】
東京駅の八重洲地下街からですと、八重洲地下二番通りの突き当り24出口から出て頂いて直進、西日本シティ銀行の先のビル、「肉のハナマサ」が1階に入っているビルです。 JR東京駅(八重洲口)より徒歩約6分 都営浅草線「日本橋」駅より徒歩約5分、「宝町」駅より徒歩約4分 銀座線「京橋」駅より徒歩約5分 銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩約5分 日比谷線「八丁堀」駅より徒歩約8分

プログラム

10:00

10:10
開会・ゲストご紹介
10:10

10:30
ご挨拶
『口腔がん撲滅運動』展開について

お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志
ご挨拶
デジタルワン株式会社 代表取締役社長 中谷泰志
10:30

12:30
基調講演
『なぜ、今、口腔がん検診か!?』
口腔がん検診とその有用性

東京歯科大学 口腔顎顔面外科学講座
主任教授 柴原 孝彦先生

柴原孝彦先生 ~口腔がん検診・口腔健診を訴える支援~
東京歯科大学 口腔顎顔面外科学講座 主任教授 柴原孝彦
12:30アンケート記入・終了

終了しました


セミナー20170211

セミナー詳細:2017年2月11日

2月11日(土)9:30(場所:東京都千代田区外神田)

あなたの診る知識が命を救う

開催趣旨

~あなたの診る知識が命を救う~

統計によると、アメリカの2013 年の口腔がんの罹患率は41,380 人と日本の約2.7 倍。

しかし、日本での口腔がん患者の死亡率は 46.1% 米国では19.1% 日本の半分以下です。 つまり、検診率が低いことからも手遅れの状態になってから発見されることもその一因です。 進行した口腔がんでは、摘出により嚥下や会話が不自由になるばかりか、顔貌の変化による 精神的な苦痛も計り知れません。

私たちができることは何でしょうか?

口腔がんの病態や治療、そして管理や社会的背景などを学び、口腔がんで失われる命がなくなるように「診る知識」を習得したいと企画しました。
ぜひ、ご参加ください。

※歯科スタッフ対象のセミナーです。

開催概要

日時2017年2月11日(土)9:30~12:00
定員30名(満席になり次第締め切ります)
参加費用4,320 円(税込)
会場秋葉原 UDX
〒101-0021 東京都千代田区外神田4−14−1
詳しいアクセスはこちら

講師のご紹介

■ナビゲーター■ 株式会社スマイル・ケア 代表取締役
日本歯科医療人育成協会 理事
土屋 和子 氏

株式会社スマイル・ケア 代表取締役 土屋和子

■講師■ 「歯科医療プロフェッションが人の尊厳を守る」
鶴見大学歯学部口腔顎顔面外科学講座
准教授・医局長 川口 浩司 先生

鶴見大学歯学部口腔顎顔面外科学講座 川口 浩司先生

■講師■ 「口腔がん撲滅委員会の活動」
一般社団法人 口腔がん撲滅委員会
専務理事 中谷 泰志

(※2017年1月中に一般社団法人として正式登記予定)

お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志


終了しました


セミナー20161106

セミナー詳細:2016年11月6日

11月6日(日)13:00(場所:東京都荒川区西日暮里)

太陽歯科衛生士専門学校セミナー開催

口腔がん検診システムセミナー開催

開催趣旨

日本は、世界の先進国の中で、唯一、口腔がんの死亡数が激増している国!
ってこと、ご存知でしたか?

どのようにすれば早期発見が可能となるか?

現状をご理解いただくこと、そしてその現状の中で、歯科衛生士の重要な役割、歯科衛生士が現状改善の鍵となる存在である事を一緒に考える機会として開催いたします。

この機会に、口腔がんに対する正しい知識、理解を深めて頂ける皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催概要

日時2016年11月6日(日)13:00~16:00
参加費用太陽歯科衛生士専門学校 卒業生:2,000円
一般の方:2,500円
会場 太陽歯科衛生士専門学校
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-22-1 ステーションプラザタワー6F
地図はこちら
【アクセス】
山手線「日暮里駅」北改札を出て、東口より徒歩1分
東京メトロ千代田線「西日暮里駅」より徒歩5分

プログラム

12:30

13:00
受付
13:00

13:05
開会あいさつ
13:05

14:40
『歯科衛生士が発見できる!口腔がん!!』
日本は、世界の先進国の中で、唯一、口腔がんの死亡数が激増している国!ってこと、ご存知でしたか?
日本歯科大学附属病院 歯科放射線・口腔病理診断科
教授 柳下 寿郎先生

柳下 寿郎先生 ~早期発見が重要~
教授 柳下 寿郎 先生
14:40

14:50
休憩
14:50

15:50
口腔がんの早期発見を実現するための仕組み作りとは?
早期発見のための歯科医院の役割とは?
お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志
ご挨拶
デジタルワン株式会社 代表取締役社長 中谷泰志
15:50

16:00
質疑応答・終了

終了後、ワークショップ開催!
口腔がん検診に使う装置を実際に触っていただけます。※参加自由


終了しました


セミナー20161030

セミナー詳細:2016年10月30日

10月30日(日)10:00(場所:東京都中央区京橋)

口腔がん検診システムセミナー開催

口腔がん検診システムセミナー開催

開催概要

日時2016年10月30日(日)10:00~13:00
定員50名
参加費用無料
会場アットビジネスセンター東京駅 206号室
〒104-0031東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル  地図はこちら
【アクセス】
東京駅の八重洲地下街からですと、八重洲地下二番通りの突き当り24出口から出て頂いて直進、西日本シティ銀行の先のビル、「肉のハナマサ」が1階に入っているビルです。 JR東京駅(八重洲口)より徒歩約6分 都営浅草線「日本橋」駅より徒歩約5分、「宝町」駅より徒歩約4分 銀座線「京橋」駅より徒歩約5分 銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩約5分 日比谷線「八丁堀」駅より徒歩約8分

プログラム

9:30開場
10:00開演
10:05

12:00
基調講演『なぜ、今、口腔がん検診か!?』
症例から見る口腔粘膜疾患
―臨床現場の先生方にとってまたとない機会です―
日本歯科大学附属病院 歯科放射線・口腔病理診断科
教授 柳下 寿郎 先生

柳下 寿郎先生 ~早期発見が重要~
日本歯科大学附属病院 歯科放射線・口腔病理診断科 教授 柳下 寿郎先生
12:00

12:45
口腔がん検診システムのご紹介
お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志
ご挨拶
デジタルワン株式会社 代表取締役社長 中谷泰志
12:45

13:00
質疑応答
13:00終了

終了しました


セミナー20161016

セミナー詳細:2016年10月16日

10月16日(日)10:00(場所:東京都千代田区神田)

JAOSセミナー

開催概要

日時2016年10月16日(日)10:00~16:00
参加対象歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、JAOS認定歯科感染管理者
JAOS認定歯科感染管理者の方は継続ポイント2ポイントが付与されます。
参加費用JAOS認定第二種歯科感染管理者の歯科医師:16,200円(税込)
JAOS認定第二種歯科感染管理者の歯科医師以外の方:10,800円(税込)
一般歯科医師:21,600円(税込)
会場 日本大学歯学部1号館4階大講堂
〒101-8310 東京都千代田区神田駿河台1-8-13

カリキュラム

10:00

12:30
口腔外科・歯科小外科処置における
感染制御対策

獨協医科大学
名誉教授・医学部特任教授 今井 裕 先生
教授 今井 裕 先生
12:30

13:30
昼食
13:30

16:00
臨床家に必要な口腔がんの予防・早期発見のために必要な知識、スキル
東京歯科大学 口腔顎顔面外科学講座
主任教授 柴原 孝彦先生

柴原孝彦先生 ~口腔がん検診・口腔健診を訴える支援~
東京歯科大学 口腔顎顔面外科学講座 主任教授 柴原孝彦
お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志
ご挨拶
デジタルワン株式会社 代表取締役社長 中谷泰志

終了しました