連携が患者さんを救う大きな砦に

疑わしい症例の患者さんがいた場合、普段から口腔粘膜疾患を診なれていないと、なかなか診断がつきにくいかもしれません。そのようなケースをサポートするために、東京歯科大学では『口腔がん検診ナビシステム』を構築しました。これは、口腔粘膜などに異常がみられる患者さんの問診票を作成し、口腔内の写真を登録することによって、専門医が診断のサポートを行うシステムです。

実際に患者さんのお口の中を診るわけではありませんので診断を下すことはできませんが、経過観察なのか、二次医療機関を受診させた方がよいのかなど、専門医の意見を求めることが可能です。

口腔がん検診ナビシステム 300.png

開業医と大学病院の連携は、口腔がんばかりでなくほかの口腔疾患の治療内容の向上にもつながります。スムーズな連携はもちろん、大切な患者さんを託すのですから、信頼関係がしっかりとできている必要があります。もしあなたの大切な家族が口腔がんになったらどうしますか?今からあなたが送ろうとしている医療機関で安心でしょうか?まったく状況がわからない、というところへ積極的に送り出すなんてあり得ないはずです。

全国の歯科医師が今まで以上に口腔がんへの理解と知識を深め、研鑽を積み重ねることで、力強いタッグが組めると私は確信しています。