歯科医師と大学病院の連携の重要性

yagisita 800 ph0054.jpg

口腔がんを発見する高いスキルが必要
がんの早期発見の割合は、舌が23%、頬粘膜が8%、そして歯肉が6%です。目で見える場所であるにも関わらず早期発見率が低いのは、多くの方が「お口の疾患は虫歯や歯周病」だと思い込んでいる、という点にあります。口腔がんの初期は口内炎や潰瘍と区別がつきにくく、医師でも見逃してしまう場合があります。また、顎の中にできるがんは目で確認できないため、初期発見は困難を極めます。


痛みを伴うまでになるとがんが進行している状態ですが、ここで大きなポイントとなるのは痛みです。もちろん、虫歯や歯周病、親知らずにも痛みがあります。前がん病変である白板症の場合でも痛みます。 「キリキリ痛む」「ズンとする痛みを感じることがある」「安静にしていても痛い」患者さんからの訴えに対して、その痛みの原因が何であるかを正しく判断する能力が求められています。

Fotolia_60023862_XS.jpg

私は、口腔がんばかりでなく、どのようながん検診においても"がんではないことを否定するべき"と考えています。裏を返せば、徹底的にがんを疑え、ということです。口腔外科では、口腔がんの可能性があると診断した場合に細胞診を行います。口腔がんの多くは粘膜表面の扁平上皮に発症するので、疑わしい部位の表面を軽く擦り取り、詳しく検査します。その結果、がんでなければ安心というわけです。"がんであるわけがない"という意識で取り組むのと"がんではないことを否定する"大前提で患者さんのお口の中を診るのとでは大きな違いがあります。そしてそれが、今後の口腔がん発見率を左右するのです。