結果

口腔がん検診・口腔健診では、お口の中の状態や写真を検査報告書にすることで、受診者の方に口腔内の状態をわかりやすくご説明します。
また、その記録を保管し、毎年の検診(健診)におけるお口の中の変化を見続けます。

尚、異常が見られた場合は、スタッフと共に治療計画を立てて治療へ移ります。

報告書
1枚のもの、3枚つづりのもの、2種類あります。
※どちらの報告書を使用するかは受診する医院へご確認ください。

また、日本語のほかに、英語、中国語にも対応しています。

報告書


次

問題なし
継続して、最低でも年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう。

何らかの異常があった場合
スタッフと共に治療計画を立てて治療へ移ります。 大学病院等を紹介する場合もあります。


  • エントリー医院様専用ページ
  • 『フラッグシップ200』エントリー
  • セミナーのご案内
  • 初期研修会レポート
  • 企業口腔内健診(検診)