ナビシステム

口腔がん検診ナビシステム.png


開業医の先生方へ
口腔外科出身ではない先生方には"前がん病変"などの見極めに自信がない方もいらっしゃるかと思います。

東京歯科大学が運営されるナビシステムは、

"経過観察をするべきなのか、基幹病院への紹介をするべき病変なのか判断のつかない症例"
"どのような処置をするべきなのか判断が難しい症例"

などの、口腔がん検診に限らず通常の診療時に発見した病変なども対象として、
クリニックから送信された画像をもとに、口腔外科学会認定の専門医が所見・処置のアドバイス等を3時間以内に返信するというシステムです。
患者さんの口腔内を直接みているわけではないで、"診断"をすることはできませんが、クリニックにいながらこのように専門医の意見を聞く事が可能です。

なお、「基幹病院への紹介が必要」という所見だった場合、紹介先は東京歯科大学に限らず、
クリニックの先生が信頼できる病院へのご紹介で構いません。


「全国の大学病院とクリニックの垣根を超えて、患者さんのために最良の医療を提供したい。」
「クリニックの先生方にも口腔がんを疑う目を持っていただきたい。」
ナビシステムの運営を指揮される東京歯科大学の柴原先生はこのように仰っています。

無料でご利用可能なため、全国ですでに多くの先生に使用されております。
患者さんへ最良の医療を提供するためにも、是非ご活用ください。
活用をご検討の方は以下の問い合わせ先へご連絡ください。




お申し込み方法
下記のフォームよりお申込みいただけます。

お申込みフォームはこちら

ナビシステムへのログイン
下記よりログインいただけます。
ナビシステムログインはこちら

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう

近くの医院を探すarrow