口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)での観察像

口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)から照射された青色光は、本機を通して観察すると緑色にみえます。
健常細胞は青緑色にみえ、細胞の異形性を伴う部分は暗色にみえます。
健常細胞は青色の照射光を反射し、光の消失がないことからFVR(Fluorescence Visualization Retention)とよばれ、異形性細胞は青色の照射光を吸収してしまい、光が消失することからFVL(Fluorescence Visualization Loss)とよばれます。
⇒詳しくはこちら

・正常像
・白板症
・口腔がん・ベルスコープが有用だった症例
・扁平苔癬
・アフタ性口内炎
・血管腫(血腫含む)
・外傷による炎症
・特徴のある観察像


症例提供:東京歯科大学様

正常像

VELscope 健常口腔粘膜.jpg
VELscope 正常な血管.jpg


白板症(上皮異形性を伴わない症例)

VELscope 白板症3-1.jpg

口腔がん

VELscope 口腔がん.jpg

扁平上皮がん

VELscope 扁平上皮癌1.jpg

口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)が有用だった症例

有用症例.jpg

扁平苔癬

001.jpg

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎
VELscope アフタ性口内炎1-1.jpg

血管腫(血腫含む)

血腫VELscope 血腫.jpg
血腫を口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)で観察すると、FVLとして観察できます。
これは血液中のヘモグロビンの作用により、青色の照射光の散乱が起こり反射しないためFVLとなります。

外傷による炎症

咬傷VELscope 咬傷.jpg
外傷による炎症の場合、外傷によりコラーゲン架橋構造が破壊されることに加え、出血を伴うことでヘモグロビンの作用によりFVLが確認されます。

特徴のある観察像

オレンジ色の蛍光発色舌苔 line.jpg
舌背などのポリフィリンが豊富に存在する部分は症例の様にオレンジ色の蛍光発光をします。もし視診時に異常を認め、患部にオレンジ色の蛍光発光が起こり判別が困難な場合は、口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)での観察と合わせて細胞診等を実施してください。

口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)による観察像の次へのページ

注意事項

※口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)の正規輸入は、当プロジェクトメンバーであるフィンガルリンク株式会社が日本で唯一の「正規輸入代理店」となります。

※2015年3月9日以降にフィンガルリンク株式会社が輸入した商品につきましてはメーカーが定める保証期間並びに保証基準に準じて対応します。

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう

  • エントリー医院様専用ページ
  • 『フラッグシップ200』エントリー
  • セミナーのご案内
  • 初期研修会レポート
  • 企業口腔内健診(検診)