4.米国では、 半年に一度の口腔がん検診が常識

 一方米国では、実質すでに半年に一度の口腔健診が義務つけられているそうです。

 昨年12月、ニュージャージー州で歯科医院(一般歯科)を開業されていらっしゃるエレイン大塚先生をご訪問した際にその事実をお聞きしました。 (写真1 中央・エレイン大塚先生、右・衛生士のJUNKOさん)

写真1 中央・エレイン大塚先生、右・衛生士のJUNKOさん 図7 VELscope®Vx(ベルスコープ)初代モデル 図8 VELscope®Vx(ベルスコープ)現行モデル

 その背景は、米国には、日本のような健康保険の仕組みがないことから、高額な医療費の負担を避けるために、多くの人が民間の保険会社が提供している保険に加入しているそうですが、いざ病気になりその費用を保険で賄ってもらうためには、「半年に一度の口腔健診」が義務化されているという条件があるからなのです。

 その米国の半年に一度の口腔健診において活用されているのが、VELscope®Vx(ベルスコープ)を中心とした口腔内蛍光観察装置であり、米国の歯科医院の約20~30%に導入され活用されている口腔内の粘膜をスクリーニングするシステム(装置)です。

図7 VELscope®Vx(ベルスコープ)初代モデル 図8 VELscope®Vx(ベルスコープ)現行モデル 図10米国中の歯科医院内に貼られている口腔がん検診 受診促進ポスター 図11 北米の歯科医院 入口写真

目次に戻る

  • 一般社団法人を設立しました。設立にあたってはこちら
  • お問い合わせフォーム
  • 会員様ページのシステムメンテナンスに伴うサービスの停止期間を延長させていただいておりましたが、現在は復旧し、正常にご利用いただけます。
    エントリー医院様専用ページ
  • 企業口腔内健診(検診)