病変描出の仕組み

口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)で口腔内に400nm~460nmの 青色光を照射し、その反射光によって組織の異形成の有無を観察します。
上皮異形成組織や炎症は青色光を反射することなく、光を吸収してしまうため暗色として見えます。これをFVL(蛍光可視の消失)と呼びます。

上皮異形成組織や炎症においては、細胞の代謝が活性化しFAD補酵素が減少するため自家蛍光が低下し、暗色となります。また、正常なコラーゲン架橋構造もFAD同様に蛍光物質であると確認されていますが、炎症の浸潤により架橋構造が破壊されると自家蛍光が低下するため暗色に見えます。

描出図 300.jpg

健康な細胞にはFAD補酵素が存在し、このFAD補酵素が蛍光物質であると考えられていますが、上皮異形性やがん細胞においては、細胞の代謝が活性化しFAD補酵素が減少するため自家蛍光が低下し、暗色となります。

また、正常なコラーゲン架橋構造もFAD同様に蛍光物質であると確認されていますが、がんの浸潤により架橋構造が破壊されると自家蛍光が低下するため暗色に見えます。

参考表
●正常細胞→青緑色に見える(蛍光可視の保持)=FVR(Fluorescence Visualization Retention)
●異常細胞→暗色に見える(蛍光可視の消失) =FVL(Fluorescence Visualization Loss)

深達度

北米の報告によると、口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)は、肉眼では判別が難しい粘膜異常の確認などには非常に有効である事が確認されていますが、照射される青色光が到達する深度はおよそ3~4mmまでであるとされています。
(※炎症の状態により深達度には若干の変動が生じます)

そのため、顎骨の異常や、厚い白板で覆われた部位などは青色光が到達しないため蛍光に変化は認められないことが報告されています。

collagen cross-links.jpg

*LED DentalInc.が作成した操作説明書を監修


波長.jpg

病変描出の仕組みの次へのページ

注意事項

※口腔内蛍光観察装置 VELscope®Vx(ベルスコープ)の正規輸入は、当プロジェクトメンバーであるフィンガルリンク株式会社が日本で唯一の「正規輸入代理店」となります。

※2015年3月9日以降にフィンガルリンク株式会社が輸入した商品につきましてはメーカーが定める保証期間並びに保証基準に準じて対応します。

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう

  • 『フラッグシップ200』エントリー
  • セミナーのご案内
  • 初期研修会レポート
  • 企業口腔内健診(検診)
  • お口の健診株式会社は
    デジタルワングループです。
  • デジタルワン株式会社
  • プレミアライン株式会社
  • フィンガルリンク株式会社