代表あいさつ

お口の健診株式会社 代表取締役社長 中谷 泰志「お口の健診株式会社」設立に際して

お口の健診株式会社は、口(口腔)を通じ、日本人の健康と長寿に貢献することを使命として設立いたしました。


その第1歩としては、歯科大学及び歯科大学病院、そして全国の歯科医院と連携させていただき、口に発生するがんである「口腔がん」の死亡率を米国並(19.1%)にすることに取り組みたく思います。

日本の「口腔がん」の死亡率は「46.1%(※注1)」と非常に高く、且つ、その死亡数も先進国の中で唯一日本だけが増加しているような状況です。

「口腔がん」は、がん化するまでに5~6年はかかると言われております。

ですので、最低でも年に1度、初期がんや前がん状態(がんになる前の段階:異形性段階)まで観察する「蛍光観察装置(※注2)」による「口腔がん検診」 を受診いただければ早期発見が可能になります。

通常の口腔健診で実施される虫歯や歯周病の検診、口腔全体の「視診・触診」、そしてそれに加え、「蛍光観察装置(※注2)」による口腔内の観察を行うことで、口腔内の様々な問題を早期に発見できる可能性が高くなり、その結果、早期治療が開始できます。

そして、2つ目の目標は、上記口腔がん検診も含めた日本の「口腔健診」受診率を大幅に向上させることを目指したく思います。

口は「からだの入口」であり、そして同時に、(からだの)病気のショーケースでもあると言われています。

人間は、「口」から空気を吸い、飲み物を飲み、食べ物を食べますので、それが病気の原因となることが多々あります。そして、その口の中には、脳、心臓や動脈、肺、骨、子宮などの全身の様々な病の原因となると言われる数百の口腔内常在微生物(細菌とウイルス)が存在しています。

さらには、口の中に詰められている金属(アマルガム)は水銀や鉛から作られており、低温で気体化することから(沸点25度)、空気とともに吸い込まれ内蔵に滞留し病気の原因となります。

また、反対に、からだのどこかに不調(病気)があれば、口(口腔)の中に、その症状が現れるとも言われています。

つまり、現代予防・未病医学においては、「口腔環境」の悪さが病を引き起こす原因となるゆえ、口腔環境を常に良好に整えておくことこそが病を防ぐ(予防)原点ですし、また、口腔環境に問題があれば全身のどこかに病の要素があると考えるべきということが言えるのです。

そのような中、日本の「口腔健診(個別口腔健診※注3)」の受診率は、わずか2%と言われており、欧米のそれ(※注4)と比較すると大きく乖離している状況です。

これは、いくら日本の医学レベル(病気を治すレベル)が世界有数であったとしても、そもそもその病気からからだを守るべき予防医療の仕組みが普及していないことには、日本人の健康且つ長寿を促進することはできないと思い、口腔健診受診率を特定健診受診率である50%程度(※注5)まで向上させるという2つ目の目標を立てました。

ゆえに、我々『お口の健診株式会社』は、死亡率が高く、且つ、術後のQOLが著しく劣化する「口腔がん」を撲滅するために、世界的実績のある蛍光観察装置を用いた「口腔がん検診」『からだの入口』である「お口(口腔)の健診」の定期受診化を促進することにより、日本人の健康長寿を促進するお手伝いができることに喜びを感じる活動を行なって行きます。

皆様のご支援を承りたくよろしくお願い申し上げます。

2015年12月14日
お口の健診株式会社
代表取締役社長中谷 泰志

※1 2013年国立がんセンター発表データ。ちなみに同年の米国口腔がん死亡率は19.1%。同2013年cancer statisticsの発表データによる。ちなみに、他の部位の死亡率が、同2013年の同センター発表データでは、以下の通りです。
部位 死亡率
1位 すい臓 94.9%
2位 胆のう・胆管 80.5%
3位 白血病 70.8%
4位 67.8%
5位 多発性骨髄腫 64.8%
6位 肝臓 63.8%
7位 食道 53.9%
8位 卵巣 47.6%
9位 悪性リンパ腫 46.1%
10位 口腔・咽頭 46.1%
11位 脳・中枢神経系 45.6%
12位 結腸(大腸) 41.4%
13位 腎臓 40.7%
14位 膀胱 40.0%
15位 38.7%
16位 子宮頸部 24.7%
17位 直腸(大腸) 19.5%
18位 喉頭 19.4%
19位 乳房 19.3%
【米国】 Oral cavity & pharynx(口腔・咽頭)

Mouth【口腔内】
Tongue【舌】
Pharynx【咽頭】
Other oral cavity【他の口腔】

19.1%

15.4%
15.2%
17.2%
66.7%

20位 子宮体部 17.9%
21位 前立腺 17.8%
22位 甲状腺 13.0%
23位 皮膚 10.3%
その他

※2 「蛍光観察装置」とは、特殊なLED光線を使って口腔粘膜内を観察し異常を発見する診断補助装置のことです。
その中で、欧米を中心に世界中で2,500万以上の症例を持つ装置が、今回、我々が独占的に日本国内へ輸入することができるようになった「VELscope®Vx」という装置です。
欧米には、これ以外にも「蛍光観察装置」は存在しますが、これほどの症例数と実績を誇るものは他にはなく、また日本でも開発は進んでいますが、まだまだ症例実績という点でははるかに及ばず、現段階ではこれが世界標準の「蛍光観察装置」であると言えます。

※3 健診には「集団健診」と「個別健診」の2種類があります。前者は主に自治体や企業などの費用で実施するもので健診種類も限られており比較的短時間で行うもの。後者は個々人の要望を元に時間をかけて行う健診。

※4 欧米の個別口腔健診受診率:スウェーデン:90%、アメリカ:80%

※5 厚労省データ「全国特定健診受診率」
平成23年度:44.0%
平成24年度:45.6%
平成25年度:47.1%

会社概要

会社名 お口の健診株式会社(英文名:Oral Health Examination,Inc.)
設立年月日 2015年12月14日
代表取締役社長 中谷 泰志(デジタルワン株式会社 代表取締役社長)
住所 〒162-0812
東京都新宿区西五軒町6−10神楽坂秋山ビル5F
電話番号 03−3235−1101(デジタルワン株式会社代表電話)
連絡先 info@oralcancer.jp
※詳しい会社情報は追って掲載いたします。

年に1回は口腔がん検診・口腔健診を受けましょう

  • 『フラッグシップ200』エントリー
  • セミナーのご案内
  • 初期研修会レポート
  • 企業口腔内健診(検診)
  • お口の健診株式会社は
    デジタルワングループです。
  • デジタルワン株式会社
  • プレミアライン株式会社
  • フィンガルリンク株式会社